« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007.05.30

こんなモン見せられても困るでしょうが・・・

Cimg2398  久しぶりの更新になってしまいました。いきなりタイトルからなんなんですが、最近の製作のペースときたらまったりまったりしております。当然これがなんなのか解って頂けるとうれしいのですが、現在製作中のロンメルドワッジの肩アーマーです。設定画の形と若干変えて製作を進めています。

 もともとロンメルドワッジの肩アーマーの形状は独特ですよね。何せ肩アーマーと増速用ブースターが一体になってるんですよ。おかげで、胴体部とどのように接続されているのかピンと来ません。一番簡単なのは、肩アーマーのごとく腕と同調して回るようにする方法です。肩アーマーと一体型になっているので当然といえば当然でしょう。ところが増速用ブースターというところに引っかかりました。増速用ブースターが肩と一緒に回転したら意味がないのではないか?当然増速用ブースターなのだから、胴体に固定されるべきでしょう。事実そういった形で製作された雑誌作例も見ます。でもこの形だと、肩の動きが制約を受けるのです。

 つまり肩アーマーは腕と同調して回転するのか、胴体に固定されているのか、どちらが正解なのか、設定画やTV画面からは判断つきにくいんです。そこでいっそのこと肩アーマーを二つに分けちゃえ~~って方向で製作することにしました。純粋な肩アーマーと、増速用ブースターの二つのユニットからできたパーツととらえて製作することに決めました。本来個人的には、設定画重視のスタイルで製作しているんですが、この際若干アレンジしちゃえってことで決めました。

 ただそれだけのことなんすけどねぇ。

| | コメント (2)

2007.05.23

ガンプラが、もたらすものとは・・?

 いよいよ、静岡ホビーショーも終わり、今後のガンプラの新商品も解ってきました。期待のMG「No.100」ですが、私は期待はずれだった(ファンの人ごめんなさい)ターンAガンダムと決まり、HGUCも、私は予想外だった(逆にこちらは本当に喜びました)ゾックの発売が決定しました。

 現在発売されているガンプラは、PG・MG・HGUC・EXモデル・そしてUCハードグラフとなっていますよね。(SEEDもさすがに収束した感がありますね)その内、純粋に昔からのプラモデルってイメージを持っているのはEXモデルとUCハードグラフだけのような気がします。

 PGは当初から究極のガンプラを目指した物だけに、部品数やサイズなど別格な感がありましたが、最近のMGは、発売当初のPGに近くなってきているようですね。素組で組んで、色を塗らなくても十分に仕上がってしまう。当然塗装までできる環境にない人でも、気軽に作り楽しめる物には間違いないんですが、昔のように、接着剤で組み立てて、ヤスリがけをし、表面処理を施し、塗装して完成させるキットでは無くなってきているように思えてしまうのです。そんな必要が無いんですよね。言葉はものすごく悪いんですが、自分で組み立てるおもちゃになってしまったような気がするんです。ザクVer2.0もすばらしく良くできたキットですが、前述のような工程で作る物では無いのではないでしょうか?それこそ簡単フィニッシュですばらしい完成品となってしまう物では無いんでしょうか?

 HGUCも、遂に1年戦争物のMSも残すところ1種類となってしまいました。しかし、今の勢いならば「ボール」も間違いなく発売されるのではと思えてしまいます。HGUC派の、しかも一年戦争物大好きの私としては、とても喜ばしいことです。現在のHGUCはまさしく初期のMGのような物になってきています。簡単フィニッシュでも完成させることはできるけど、それでは何か物足りない。やはり塗装まで施した方が完成度が上がるキットだと思っています。昔ながらの製作工程で作った方が、いっそう完成度が上がるキットだと言えるのではないでしょうか?

 それと逆に、EXモデルやUCハードグラフは、昔ながらの工程で作った方が好ましいキットのように思えます。ただ1個あたりの単価が高くて(特にEXモデルは)簡単に購入出来ないというネックが有るのですが・・・。

 私が模型を作り始めた頃は、成型色も単色で、スナップフィットでもないキットばかりでした。当然、接着して云々という工程じゃないと作れないキットばかりでした。ところが最近のキット、特にガンプラ(しかもMG)は本当に楽に作ることができる物が増えています。当然若年層から、プラモ製作の経験の無い人でも気軽に作れる物に間違いないのですが、逆を言えば、模型製作の技術が無くても作れることなんですよね。言い換えれば、ある程度の技術を得る必要も無くなってきたのではないでしょうか?

 作るのがめんどくさいキットを作って、自分の腕を磨く。そんなキットが減ってきているのは少し悲しいものがあります。そのようにしか思えない私は古い人間でなのでしょうか?

| | コメント (2)

2007.05.20

やっとここまでできました。(ドワッジもHPもね!)

Cimg2346  ゴールデンウィークを挟んで、宝の小箱も大幅にリニューアルしてみました。今までHPのレイアウトにおいて、ブラウザー次第では大幅にレイアウトが崩れてしまうということを知らずに、4年以上そのままにしていたんです。あるきっかけにそういった事態を確認出来て、レイアウトの崩れないようにリニューアルする決心をしました。

 私はHPを作る時に、「ホームページビルダー」を使用しています。今までは「どこでも配置モード」で更新していました。ところがレイアウト崩れの原因はこれにあったようなんです。そこで、ネット上のHPビルダーの使い方を扱ったサイトを見ながら、「標準モード」の扱い方を勉強し、どうにか連休中に作り直すことができたようです。当然その間、キット製作に手が回るはずもなく、今週になって、やっと「ドワッジ」の胴体部まで形にすることができました。

 これからはそれぞれのギャラリーページを作り直すことです。実際、リゲルグやドワッジなどのページは改修することができました。作り直すついでにもっと多くのサーバー容量を求めて、ギャラリーのところだけを別アドレスにして「宝の小箱ギャラリー」として運営を始めました。「ニフティーのラクーカン」を借りているんですが、ちょっと不安も出てきました。まぁリニューアルをして1ヶ月もしてないので当然といえば当然でしょうけど、アクセス数が減ってきているのは確実です。ギャラリーだけ独立したような格好にしたため、検索サイトのヒットがほとんど無いようなんです。以前は検索から「宝の小箱」を覗いて頂く方も多かったんですが、そのようなお客さんが減ってきました。

 そういった意味からも、今回のリニューアルでいい結果が出るのか、悪くなるのかよく分かりません。本当にHPリニューアルをして良かったんでしょうか?

 HPのリニューアル作業はぼちぼちするとして、ドワッジの方もどんどん進めなければいつまでたっても完成させることができません。思い切りがんばろう!!

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »