« アクセス20万突破・・・ありがとうございます。 | トップページ | 検証・・・理想のガンダムについて考える その2。 »

2010.06.16

検証・・・理想のガンダムについて考える その1。

Cimg4389 さて、数日ぶりの更新です。20万ヒットに浮かれた後、気引き締めてからの更新です。

 これから数回、ただ書き込むだけでなくて、今作ってみたいRX-78ガンダム(以下78ガンダムね)についての考えを書いてみようと思います。

 前々回の記事で、ガンプラ30周年を記念して(オラ企画ね)、7月に78ガンダムの製作を開始する予定と書きました。30年の間に、色々なデザインの78ガンダムが発表されていますが、基本に還って「TV版・大河原版」の再現を試みようって話ですね。そこで、いま使いやすい素材としてHGUCとG30thを選びそれぞれの部位を検討してみます。

 まず頭部です。写真左がG30th、右がHGUCです。決してG30thの頭、見えにくいとか、HGUC汚い完成品だ!とか言わないように。あくまでも参考の写真ですから。

 本題に入ります。TV版・大河原版に近い形をしているのはG30thだと思います。何となく顔面が大きく見え、古さを感じる形だと思います。ところが後頭部の出来はHGUCの方が良いように思えるんです。G30thは平面的というか・・、モールドも設定画と違うしなぁ。

 しかし、あえてTV版・大河原版というのなら、G30thの頭を推すべきでしょう。顔面のパーツを心持ち下に下げ、目が正面から見た時にはっきり見えるように設置し、面長にするのも良いかも。まぁMGver2の頭も似たような形だし・・・これでいっか・・・・。

 次回の更新時は胴体について考えてみま~す。

|

« アクセス20万突破・・・ありがとうございます。 | トップページ | 検証・・・理想のガンダムについて考える その2。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクセス20万突破・・・ありがとうございます。 | トップページ | 検証・・・理想のガンダムについて考える その2。 »